ASHIMOTO SYSTEM 壱号 其の4

Ashimoto Systemですが、基本的な捉え方ですが、エフェクタとかマルチエフェクタという概念で考えてません。
つまりは「エフェクト」ありきではないのです。
あくまで最終的にキャビネットから出てくる音をどう作りこむか?ということを考えて作ってます。

壱号(1号から改名w)は3ch(これはケース側の都合で、本当は4ch欲しいところなんですが)
1chが一番音のバリエーションとしては豊富で
  • ウルトラクリーンなサウンド
  • コンプレッションの効いたアルペジオサウンド
  • ローゲインのクランチサウンド 
ターゲットとしてはこんな感じです。
2chはアンプで作りこんだサウンドをそのまま 出力するためのチャンネル

3chはリードチャンネルとして、ゲインもアップしつつ、尖った音から甘い音まで作りこめるチャンネル。
ソロ用にディレイ音をミックスすることを出来るようにします。

765074635

 
続きを読む

ASHIMOTO SYSTEM 1号 其の3

ケースの方が届きました。
762976985
フットスイッチのシミュレートしてみましたが、フットスイッチ4つはちょっと厳しそう。
ライブとかで動きながら踏むとなると踏み間違いが結構おきそうです。

というわけで少し計画を変更です。

それを踏まえて先日書いたブロック図から回路図をおこしていきます。
 続きを読む

ASHIMOTO SYSTEM 1号 其の2

先日色々とASHIMOTO Systemの1号機について考えていたところですが
だいたい仕様的な部分の詰めが進んできました。

先日まで検討していた、これまでのものは機械式のフットスイッチを使用してチャンネルを切り替える方法だったのですが、実装は簡単に済むんですが、いざステージ上で使うとなると若干複雑で、頭が混乱しかねないw
『これでAshimoto Systemとしていいのか?』ということで
やはり論理回路を利用して、もっと直感的に、もっとダイレクトに使えるものにしよう!と。

論理回路自体はあんまり知識はないのですが、あれこれと調べたり、本を読んだり
勉強しました。
まぁ論理回路自体がコンピューターの基礎というかソフトウェアが解ってるので、比較的すんなりと頭に入ってきて助かりました。

続きを読む
livedoor プロフィール
メッセージ
Twitterはこちらです。日々どーでもいいことを呟いてます。
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ