ベース用の歪みモノ設計

img1 (2)

ワタシのやってるバンド”Tanatophilia”のベーシストのアッキーがプリアンプのループに歪モノを挿して使ってるんですが、これがもうDRIVEのツマミをほんのチョットでも上げようもんなら狂ったように歪むもんで 、ゲインをなんとか調整して軽い歪みに出来ないかと相談されたんで持ち帰って調べてみました。
中開けてみると14pinのオペアンプが2個も乗ってたり(14pinだと4基入ってるので、計8基)回路があまりに複雑で・・・
ワタシには解析するのが大変だったのでそのまま蓋を閉めちゃいましたw

残念です、手の施しようがありませんでした。手遅れです。・・・てな感じw
超駄目駄目外科医ですw
 

アッキー的にはこれを通した音のトーンが好みの音なのでこのトーンは生かして、歪みモノを加えてやろうということで、歪モノを作ろうということになりまして。
 
ベース用の歪みモノなので、若干ギター用とはニュアンスが異なりますし、
ベース用というとその辺若干回路的にもパーツ的にも気を使うところなのです。

524535_501745199888264_1363395262_n
 
続きを読む

電磁誘導の罠

img1


今回もエフェクトボードの罠についてちょこっとお耳に入れておきたいことを書いておこうかなと思います。

電子部品って色々とあるように思いますけど
実はそんなに種類があるわけでなくて

基本的には抵抗と半導体のみ!と言うと極端過ぎますがw

コンデンサー、固定抵抗、可変抵抗、ダイオード、トランジスタ辺りはすごく基本的な部品ですねー。

使用頻度はあまり高くはないのですが、電子部品の中に「インダクタ」と呼ばれる部品が存在します。
実はその構造自体は難しいものではなくて、丸い棒にエナメル線をぐるぐると何回か巻き付けてやればそれがインダクタだったりします。
つまりはただの導線です。 
続きを読む

トゥルーバイパス考

img1 (1)

最近は9Pのオルタネイト式フットスイッチも入手しやすくなって
機械的なトゥルーバイパスを謳ったエフェクタが増えてきました。
taiwanchinaswitches

トゥルーバイパスのエフェクタ使ってる人はメリットなんて良く知ってるだろうと思うんですが、
要はエフェクトOFFの時に機械的にINとOUTを直結するために音質が変わらないというのがメリットですよね。 

エフェクタのON/OFFのスイッチの方式は機械式、BOSSが使用している電子スイッチ式とか何種類かあって 
それぞれコストも含めてメリット、デメリットがあってメーカーもどの方式を採用するかを決定しているんだろうと思います。 続きを読む
livedoor プロフィール
メッセージ
Twitterはこちらです。日々どーでもいいことを呟いてます。
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ