ギタリストの足元ってのはそのままそのギタリストさんのプレイスタイルに通じると思ってます。

karimasu0204

いますよね、
エフェクトケースの中に、ゴロゴロとエフェクタほりこんで、
スタジオ入るたびに繋ぎ方をああでもない、こうでもない・・・。
なんとなく、プレイスタイル自体も迷走してませんか?


20051016bf4c3ca2

きっちりと機能的に整理されてはいるけど個別にON/OFFするタイプの人
色々と万能に対応して、記憶力もいいんだろうなーと

DSC_0856

スイッチングシステムを使ってシステム化してる人
理論的に物事を考えるタイプでしょうか
すごくクレバーなスタイルのギターを弾きそうな感じですね。

photo-guitar-02

マルチエフェクタを主にプリセットで弾いてる人
マニュアル通り、譜面どおり、そういう部分に拘りそうな

まったく個人的なイメージで申し訳ないです。
でもなんとなく通じるものがあるんじゃないかな・・・って


ワタシはADA MP-1ってプログラミング可能な真空管プリアンプを使っていたこともあって基本アンプ直で音を作ってました。

530899_886471570_21large
 
MP-1の前にコンプを掛けてやりたいとか思ったこともありますが
「無い物は仕方ない!」とそこはもうピッキングでカバーwww(出来てませんがw
MP-1の後ろにDigiTechのマルチを空関系だけ使用していました。
フットスイッチとプログラム切り替え時の音切れ回避の関係でギター用を使いながら
前半はまったく使わずに空関係のみ。
足元にはフットコントローラーのみです。
ライブのセッティングは楽ですし、ラックの裏側は手を触れることがないので、
機材的なトラブルも非常に少なかったです。


最近はスタジオのマーシャルJCM900に直結で弾くことも多いです。
先日はライブで、Line6のワイヤレスからライブハウスのJCM2000直結でワンステージやりました。
音色は全て手元のボリュームとトーンでコントロールしてみました。
これはこれでなかなか刺激的な体験だったと思います。