引き続き回路図です~。

AshimotoSystem 壱号回路図DELAY
 

DELAYの回路です。といっても殆どプリンストンテクノロジー社製のPT2399チップのデータシートに載ってる
リファレンスの回路ほぼそのままです。

初段のオペアンプは2倍に増幅してます。ドライラインとディレイに送るラインで二分割されるのであらかじめ2倍にしておくわけです。
後段のオペアンプはドライラインにディレイ音をミックスする為のミキサーになります。
これは反転入力を使うので、初段のオペアンプの増幅も非反転入力でなく、反転入力を用いて反転→反転で位相が逆転してしまわないようにしています。

PT2399はそれ自体いろんな機能をもってるみたいなんで、コーラスとか、遅延系のエフェクタ作れると思うんですよね。もっとデータシート熟読してみれば色々とできるかもしれないです。