プリンストンテクノロジー社のディレイ/エコーIC PT2399の応用回路見つけたので
アレンジ加えて回路図書いてみました。

AshimotoSystem 壱号回路図P5 Chorus
 

3相のコーラス回路です。 
LFOを使ってPT2399へ送るディレイタイムを 揺らしてます。
さらにLFOを反転させてもう一つのPT2399に送ってます。
出力は原音をミックスして出てくるエコー出力から取り出してるみたいですね。
まぁまぁ合理的といえば合理的
ディレイ出力から取り出して、原音にミックスする形で作るとどうなんだろとは思いましたが
そこはサンプルの回路図通りにw

PT2399はデジタルコントロールではあるんですが、結構アナログ的に音が変化する、限りなくアナログに近い
デジタルディレイチップと言われてるんですが、アナログディレイと同じようにディレイタイムを変化させると
ピッチが変わります。
それをLFOで揺らしてコーラス効果を得てるようですね。

まぁ壱号にはスペースの関係で搭載は見送りになるとは思いますが、そのうち作ってみたいです。