其の3でアップした画像の解説その1いきますよー

AhimotoSystem TUBE RACKr3

まずはこの本体図。インターフェースの基本部分なのでこれと、図を見比べながら読んでください。 
AhimotoSystem TUBE RACK param2

・入力部
入力部からの初段は真空管バッファと真空管アンプで初段のゲインを確定します。
初段のゲインはそのまま光学式のゲインリダクション回路を通って真空管によるメイクアップを行う真空管ドライブのコンプれっサーの初段ゲインとして動作します。
真空管のコンプレッサーはOFFにすることも出来ます、
エフェクタの選択と同様にON/OFFにします。

・マルチエフェクタ前半セクション
COMP、DRIVEとFILTER系エフェクタの3種併用出来るようにしてます。
COMPとDRIVEに関しては同系のパラメーターは共通でエフェクトを切り替えてもパラメーターは保持されるように考えてます。
COMPの種類が多いのは単なるワタシの趣味ですw
エフェクタ切り替えの最後にLOOPというエフェクタがありますが、これを選択すると裏側の面にあるLOOPのSEND/RETURNに繋がっているエフェクタが選択されます。
内部のエフェクタを使わずに、外部のエフェクタのスイッチングシステムとしても動作するように考えてます。まぁ僕は多分使うことはないとは思いますけど。

どのエフェクタもしくはLOOPを使うかはプログラムNo毎に記憶されるので、このパッチだけコンプに外部のエフェクタを使いたい!ということも可能です。
FILTERセクションはそれぞれパラメーターが異なるので、別のパラメーターとして記憶されます。

・PRE EQ
真空管アンプで歪ませる前にEQで作りこんだ音を突っ込みたいので、真空管アンプの前に5バンドのEQを設置しました。
グライコではなく、シェルビング、ピーク、ピーク、ピーク、シェルビングのパッシブタイプを考えてます。アクティブにしてないのは個人的にパッシブのほうが音が作りやすいというところでアクティブにしてません。
ただまぁここはアクティブ方式とか、グライコ方式とかもありかなとは思ってます。

・TUBE PREAMP
TUBE CONFIGで真空管のコンフィグレーションを選択します。
いわゆるアンプで言うところのチャンネルですね。各真空管の増幅率や、接続なんかを選択することでクリーンから歪んだ音までを選択出来るようにします。
EQは何種類かカーブや中心周波数なんかの違うEQを搭載しようと考えてます。
真空管のコンフィグレーションとEQの選択で音を作ります。

・GATE
いわゆるノイズゲートです。

・マルチエフェクタ後半セクション
コーラス、フランジャー、ディレイ等の空間系エフェクタのセクションです。
リバーブもデジタルのスプリングリバーブモジュールが手に入るかもしれないので
そうなるとリバーブも考慮したいですね。

・GROBAL EQ
ライブ会場にセッティングした際にハコ毎に微妙に異なる音場に合わせて微調整するためのEQです。これはメモリされないので、全部のパッチがこれを通って出力されます。

・EXT LOOP
外部エフェクトループです。空間系マルチエフェクタなんかを繋ぐ為にセットしました。LOOP6、LOOP7があるので必要ないかも・・・。

・出力セクション
最終段で極小出力(0.xW)の真空管パワーアンプを組んで、この音をトランジスタ式のパワーアンプで増幅して出力することを考えてます。
まだこれがどこまで有効なのかそういった部分は懐疑的な部分もありますし
MOS FET式のパワーアンプで充分かもしれないので、この辺はまだ要検討な部分です。

駆け足で全体を説明しました。
なかなかワタシの頭の中のアイデアをある程度は書き出せてきたとはいえ、説明となると難しい部分もあり、解りにくいとは思いますが
また徐々にその辺も補足していければと思います。